令和元年度 第3回 市民公開講座

「人生の最期をどこで誰と迎えたいですか?」~もしものときのために「人生会議」~



宇都宮市 保健福祉部の主催で市民公開講座が行われました。

昨年、実際に大黒柱を亡くされたご家族が体験談を語って下さいました。

最期まで家で、妻の側で、家族と共に過ごしたいと願ったお父様を介護する中での体験を葛藤した時期の気持ちも含めてお話し下さいました。



今日のテーマは「人生会議」。

自分はどうしたいのか、本当の気持ち、考えを、家族と話し合っておくことは、介護しそして残されることになる家族のためにも本当に大切だということを深く考える機会となりました。

薬剤師会からもパネリストとして和の薬局の薬剤師(黛さん)が登壇しました。



今年も残すところあとわずかとなりましたが、来年早々2月15日には、宇都宮市薬剤師会・宇都宮市 主催の市民公開講座もあります。

こちらでは市民の皆様に"在宅医療" "介護" "見取り" そして何より "ご本人と家族" を主に映画鑑賞を通じてイメージしていただけるよう準備しています。


来月12月にはこちらでアナウンス開始いたしますのでお越しいただけると幸いです。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示