かかりつけ薬剤師・かかりつけ薬局 とは?

 

「かかりつけ薬剤師」とは、薬や健康、介護などについて、いつでも気軽に相談できる、あなたの「専属の薬剤師」です。また、そのような薬剤師が活躍する薬局を「かかりつけ薬局」といいます。
 

かかりつけ薬剤師は、あなたご自身が選択するものです。ここでは、かかりつけ薬剤師の機能とメリット、かかりつけ薬剤師をもつための方法についてご紹介します。

かかりつけ薬剤師を持つ3つのメリット

 

その1   お薬の情報をすべて把握します

担当の薬剤師が、他の医療機関や薬局で受け取ったお薬や市販薬、健康食品、サプリメントなどをまとめて把握して、重複したお薬が出ていないか、お薬同士や食品との相互作用がでていないかなど、お薬の服用に際して注意点などをアドバイスします。

また、ひとつの有効成分につき30種類程あると言われるジェネリック薬品についても、流通面、経済面を含め "あなた" に最適なジェネリック薬品をご提案いたします。

その2   24時間対応・在宅訪問対応

休日や夜間など薬局の開局時間外も、電話で薬の使い方や副作用等、お薬に関する相談に応じています。また、必要に応じて夜間や休日も、処方せんに基づいてお薬をお渡しします。外出が難しい患者さんのお家に伺い、お薬のご説明をしたり、残薬の確認も行います。

その3   医療機関等との連携

過去の服薬記録も含めて、あなたの服薬後の経過を継続してチェックしていきます。お薬をお渡しした後も、あなたのお薬の効果や体調の変化をみて、必要に応じて医療機関へ連絡も行います。また余っているお薬が多数ある場合、次回の処方調整を提案したり、ご自宅でのお薬の確認・整理を行うこともあります。

かかりつけ薬剤師を持つためには?

 

薬局で「かかりつけ薬剤師」の指名が必要です。

国が定める一定の要件をクリアした経験豊かな薬剤師の中からご希望の薬剤師をご指名ください。

同意書にご署名をいただくことで次回からあなた専任の薬剤師としてご担当させていただきます。

※かかりつけ薬剤師が薬をお渡しする場合、「かかりつけ薬剤師指導料」として、

 20円~40円(1割負担の場合)ほど追加でご負担いただくことになります。

経験豊かな薬剤師とは?

 
  • 薬剤師として薬局での勤務経験が3年以上

  • その薬局に週32時間以上勤め、かつ1年以上在籍している

  • 医療に関する地域活動に参画している

  • 薬剤師研修認定等を取得している

日本薬剤師会「かかりつけ薬局をお持ちですか?」