在宅薬剤管理推進薬局

在宅医療について

住み慣れた我が家で医療を受ける為に、チーム医療の一員として薬剤師も貢献しています。

薬学的管理に問題がある場合、医師の指示、薬剤師の気づきに加えて訪問看護師やケアマネージャーさん、ヘルパーさんなど他職種から薬局に情報提供してもらい、薬剤師も訪問し患者さんの問題解決につなげていきます。

この薬剤師の在宅訪問は医療・介護保険を利用して受けられます。

薬剤師の在宅訪問をご利用いただく事で、患者さんはもちろん、家族の負担も軽減することができますので、お気軽にご相談ください。

こんなお悩み、ありませんか?

●薬局にひとりで薬を貰いに行けない。

  →処方せんに基づいて調剤したお薬を自宅・施設までお届けします。

●薬の管理が苦手。薬の飲み方を間違えたり、飲み忘れてしまう。

  →飲み忘れや飲み間違いがないように「お薬カレンダー」などを利用して、お薬の管理をします。

●薬が飲みにくい

  →飲み方の工夫、飲みやすい形状の薬への変更を医師に提案します。

●薬がたくさん残っているけど、どうしたら良いか分からない

  →医師と処方内容を相談して薬を減らしたり、また薬の処分をお手伝いします。

●市販の薬や健康食品と処方された薬との飲み合わせが心配。

  →市販薬や健康食品との飲み合わせを確認し、薬剤師がお答えします。

●病気や副作用のことが心配。

  →体調や副作用について確認し、関係各職種と連携し、患者さん・ご家族の不安を解消します。

薬剤師の在宅訪問について

自宅や施設で療養中の患者さんで、自分で通院や来局が困難な方のために、処方された薬を持って薬剤師が自宅・施設にお薬をお届けし以下の業務を行います。
・薬の使用状況・効果・副作用などを確認
・飲み忘れ・飲み間違いへの対策
・飲みにくい薬への対策
・薬や食事・健康食品等との飲み合わせの確認
・残った薬の整理
・薬による体調変化への影響を確認

対象となる方

・ 自宅・施設で療養中の患者さんで、自分で通院や来局が困難な方
 (歩行困難、認知機能の低下等で介助が必要な方)
・ 薬剤師の訪問が必要であると医師が認め、薬剤師に対して訪問指示がある方